これは交際の基本的な三パターンです。どれもが、交際期間がその後の結婚の成功の是非にとってとても重要なことを示しています。

①「山あり谷あり型」

ふたりが比較的長期間の山あり谷ありの過程を経て、深い関係になるものです。そこにはハイレベル
の衝突と、「この関係は本当に私に合っているの?」という疑問が存在しています。パートナー同士は若い場合が多く、両親が結婚に反対している場合もあります。

②「速攻型」

デートから深い関係になるまで数日か数カ月しかかからないカップルのことです(こうした関係からは理想的な結婚は生まれにくいものです)。コミュニケーションは少なく、お互いにそれほど深く関わっていません。彼らは結婚前に建設的な議論の仕方を学んでおらず、長期的にはより不安定で不幸な結婚生活を送る可能性が高いでしょう。

③「慎重型」

パートナーは関係の始めからあまり深く関わり合うのを避けようとしますが、いったんこの相手で大丈夫だと感じると、その後は短期間で深い関係になります。パートナー同士は他のカップルよりも年上である場合が多いようです。彼らは失敗した場合の代償をとても気にしていて、慎重にふたりの関係を判断し、わずかな衝突しか経験せずに結婚に向かいます。

実際に恋しいと感じた時には、やっていることを中断し、このイメージを描きます。たとえば、先の例のように、彼がキスしようとしてきた時のネガティブなイメージを描くのです。
この方法が成功するかどうかは、離婚した夫との性的拘束感にあなたがいつまでも捉われていることが不健康であると考えるかどうかにかかっていることはいうまでもありません。

出典:出会いアプリ おすすめ