研究者たちは、人々が他人に好意を持たせ、親近感を抱かせようとする時に使う七つの方法をリストアップしました。

①「私は特別なのよ」

パートナーに対し、決断し、イニシアチブを取り、寛容に振舞うことで、自分が支配力を持つ人間だと示します。相手といる時は、最高の外見で興味深い人物でいられるよう努力します。

②「信頼しあいましょう」

率直になることで自分が信頼てきる人間だと示し、同時に相手が自分と自信を共有する後押しをします。約束は必ず守ります。

③「さあ、あなたの番」

パートナーがイニシアチブをとる番です。相手の話の腰を折らず、話の内家に興味を示して返答します。

④「一緒に楽しみましょう」

できるだけポジティブな誘いで、パートナーをあなたの社会活動に引き込みます。「スポーツ・クラブに入ってるんだけど、一緒に来ない?」

⑤「あなたをこんなに気にかけてる」

頼りがいがあって繊細な人間でいること。相手を励まし、議論では彼の味方になりましょう。

⑥「わたしたち、こんなに近い」

パートナーの興味の対象や活動に加わりましょう。実際それほどでなかったとしても、自分はパートナーと親密なのだと仄めかします。

⑦「似た者同士」

パートナーに、自分がどれほど相手に似ていて、相手と一緒にいると安心するかを伝えましょう。自分とパートナーの共通点を指摘しましょう。

出典: