彼がだれかほかの人に惹かれる素振りを見せたとすれば、それは彼がふたりの関係に完全には関わっていないことを示しています。争う価値があることもカップルにとって、交際は相手をいくつものふるいにかけてみる方法で、これは彼らが、将来人生を一緒に歩んで行けるのかという重要な決断をするために、なくてはならない期間です。

ふるいにかけるプロセスが進んでくると、ふたりは特別な問題「誰が何をどうするのか」について、合意しようとします。つまり、自分が相手の「夫」または「妻」という役割に期待しているものが、相手の考えとマッチするように努力するのです。

長い関係の間で、パートナーが互いに対し何を求めているのかを完全にはっきりさせるのは、この時です。結婚が成功するためには、ふたりがどんなふうに一緒にやってゆくのか、そして基本的なふたつの役割について、明らかに合意していなければなりません。

☆真剣に交際しようと決めたら、それは真剣に考え直す時。

成功しないということは、かっての夫に対する未練が強いことを意味します。また、その根底に、かなり複雑な問題が潜んでいることを意味するのかもしれませんので、より深い分析が必要です。
きて、関係を終わらせる決意を固めたなら、即座に、自分の人生の目標を立てることをすすめます。
後ろを振り返らず、二心を起こさないように努めます。私がこれまでに提案してきたことの十分の一を実行するだけでもよいと思います。学ぶことを拒む〈生徒〉に対しての責任は、あなたにはないのです。後は〈神〉にまかせるのです。

出典: