Categotry Archives: 結婚

結婚相手に対する愛と献身

GR050_72A

私たちの多くは、パートナーに対する愛と献身を、切り離し難いものだと考えたがります。愛をロマンチックな献身の土台だと考え、また献身は愛の証しだと考えます。しかし、多くの場合、愛と献身は明らかに切り離されたもので、愛は常に長期間の献身に結びつくわけではないし、相手との関わりがなくなってからも、長期間にわたって愛情を抱き続けている、といった経験をしている人はたくさんいるはずです。

プラトンの時代から、哲学者たちは時代を超えてロマンチックな愛を語ってきましたが、社会科学の分野で研究されるようになったのは、ほんの過去20年間のことです。実際に、大学の学究的な調査から始まって、今では書店でたやすく手に入るようになったさまざまな種類の「セルフ・ヘルプ」に関する本にいたるまで、愛についての心理的・社会的研究が盛んになったのは、1970年代半ばからです。心理学者や社会学者たちは、愛と献身を定義付け、ふたつの相互影響をはっきりさせることで、ロマンチックな関係そのものをより深く理解できるようになると信じています。
おそらく、夫への熱情は冷めてしまいます。たとえば、彼があなたにキスしようとしている時に次のような場面をイメージします。
・・・夫の鼻水が垂れ下がっている。
・・・夫の体中を虫が這っている。
・・・夫の耳から毛が生え、つき出ている。
どんなイメージでもよいのです。彼に対する熱情をさますものであればなんでもかまわないのです。
少なくとも性的拘束感を減少させることはまちがいないでしょう。
まず、とくに夫を恋しいと思っていない平常の心の状態の時に、このようなネガティブなイメージを描く練習をしておくのです。夫を恋しいと思い出したら、いつでもできるようにしておくわけです。

出典:

ある種の衝突は将来の結婚のために有益

FF138

交際は愛情のみに基づいたもので、そこに衝突が生まれない場合にのみ関係がうまくいくというのは、ありがちな誤解です。実際は、ある種の衝突は将来の結婚のために有益です。

たとえば、役割分担に関してふたりが衝突したとしても、それをポジティブな姿勢で話し合い、もともとの認識の違いをうまく解決できるかもしれないし、それによって、意見が一致しないほかの問題についても、自分たちは対処して行けると考えるでしょう。こうした衝突は無駄ではなく、将来にまで良い影響を及ぼすのです。

真剣な交際を続けているカップルは、よく似た生い立ちであることが多く、ふたりとも同じ社会環境に育ち、同じようなレベルの教育を受け、だいたい似たような政治観を抱いていたり、年の差も四歳以内ということがよくあります。

パートナーは相手のために創られていて、同じような人間性を持つふたりの方が、似ていないふたりよりも幸せな結婚生活を送れると信じている人もいます。

しかし、こうしたカップルが交際期間中から相手が自分と似ていると知っていて、だから結婚したのか、それとも結婚して長く一緒に暮らすうちに、互いに似たように徐々に変わっていったのかは、簡単にはわかりません。

逆に、人々は自分と違う要素に惹かれるのだから、カップルがあまりに似すぎているのは良くない、と考える人もいます。アメリカのある研究では、カップルは「支配・服従」もしくは「支持・依存」関係である場合が多い、という結果が出ています。こうした関係は、ふたりの性格のバランスによって成功しているのです。

出典:

結婚相手をいくつものふるいにかけてみる

EN106

彼がだれかほかの人に惹かれる素振りを見せたとすれば、それは彼がふたりの関係に完全には関わっていないことを示しています。争う価値があることもカップルにとって、交際は相手をいくつものふるいにかけてみる方法で、これは彼らが、将来人生を一緒に歩んで行けるのかという重要な決断をするために、なくてはならない期間です。

ふるいにかけるプロセスが進んでくると、ふたりは特別な問題「誰が何をどうするのか」について、合意しようとします。つまり、自分が相手の「夫」または「妻」という役割に期待しているものが、相手の考えとマッチするように努力するのです。

長い関係の間で、パートナーが互いに対し何を求めているのかを完全にはっきりさせるのは、この時です。結婚が成功するためには、ふたりがどんなふうに一緒にやってゆくのか、そして基本的なふたつの役割について、明らかに合意していなければなりません。

☆真剣に交際しようと決めたら、それは真剣に考え直す時。

成功しないということは、かっての夫に対する未練が強いことを意味します。また、その根底に、かなり複雑な問題が潜んでいることを意味するのかもしれませんので、より深い分析が必要です。
きて、関係を終わらせる決意を固めたなら、即座に、自分の人生の目標を立てることをすすめます。
後ろを振り返らず、二心を起こさないように努めます。私がこれまでに提案してきたことの十分の一を実行するだけでもよいと思います。学ぶことを拒む〈生徒〉に対しての責任は、あなたにはないのです。後は〈神〉にまかせるのです。

出典: